最近よく聞くオールオン4手術!インプラント治療を受けたい方へ

オールオン4と通常のインプラント

インプラント治療を検討している場合、「オールオン4」と「通常のインプラント」のどちらかを選ぶか迷うこともあるでしょう。そんな方のために、オールオン4と通常のインプラントの比較をまとめてみました。

オールオン4と通常のインプラントを比較!

オールオン4

オールオン4は歯が1本も残っていない状態、もしくは残っている歯が数本の状態に、片顎に4本から6本のインプラントを埋入し、全ての歯を支えるという全く新しい術式です。複数のインプラントを同時に埋入することで、費用が安く身体の負担が小さくて済みます。

通常のインプラント

一方、通常のインプラントは、失った歯の部分にピンポイントでインプラントを埋入します。よって、歯の機能的には通常のインプラントの方が高いです。しかし、その反面、複数のインプラントを埋入するには、多額の費用を必要とする場合もあります。

最近よく聞くオールオン4手術!インプラント治療を受けたい方へ

インプラント治療の現状

歯を失った方の機能回復手段として、入れ歯の他にインプラント治療という選択肢があります。しかし、インプラント治療は高くて手が出しにくいという方も少なくありません。事実、インプラントではなく、入れ歯を選択する方もかなり多いです。ですが、最近では、オールオン4が審美歯科クリニックで提供されるようになり、インプラント治療を選択する方も増えつつあります。

オールオン4の治療内容

インプラント治療の一つであるオールオン4は、インプラントを失った歯の部分に一つ一つ埋入するようなことはせず、4本から6本のインプラントで連結した人工歯を支えます。オールオン4手術にかかる時間は、上下どちらか片方に4本埋め込んだ場合、大体1時間程度と言われています。多少、個人によって時間差はありますが、基本的にそれほど時間がかかりませんので、上下同時にオールオン4手術を行なうということも可能です。

オールオン4手術は入院が必要?

オールオン4手術では、インプラント治療と同様に通常入院は必要なく、その日のうちに自宅へ帰ることが可能です。手術と言っても、歯茎の組織に加わるダメージは抜歯かそれ以下なので、痛み自体はあまり残らないはずです。もし、痛みに不安がある場合には、事前に医師に伝え、リラックスして手術を受けられるようにしましょう。

オールオン4での注意事項

オールオン4を問わず、インプラントは何かしらの原因によって折れる可能性があります。しかし、その確率は極めて低いものであり、現時点でインプラントが折れたという話は中々聞いたことがありません。ですが、実際に折れる可能性もあるということを視野に入れて、治療後はインプラントに集中的な負荷がかからないように生活すべきでしょう。

ココがポイント!

オールオン4は失われた歯の数が多いほど、オススメできる治療方法です。「総入れ歯を考えている方、既に総入れ歯を使用している方」であれば、オールオン4を検討してもいいでしょう。

広告募集中