難しい歯医者選び

現在、歯医者の数はコンビニよりも多いとも言われており、阿佐ヶ谷や新宿、姫路市だけでも沢山のクリニックが開設されています。そのため、歯医者選びに悩んでいる方も少なくありません。もし、歯医者選びに悩んでいるという場合には、これから紹介する歯医者選びのポイントをご拝見ください。

歯医者の正しい選び方

何より実績を重視する

歯医者選びで一番重要なポイントが治療実績の豊富さです。治療実績が豊富であればあるほど、医師の知識や技術にも期待できますし、それに伴い、失敗するリスクも低くなっていきます。医師の技術によって大きく変わってくるため、安心して治療を受けるという意味でも、実績を重視して歯医者を選びましょう。

専門分野を見極める

歯医者であれば、どこも同じと考えている方も多いですが、実は歯医者ごとでその専門分野は細かく分かれています。例えば、補綴科、保存科、歯周病科、矯正科と名前が異なれば、それぞれで治療内容や手段も違います。ご自身の受けたい治療に適している分野の歯医者を選びましょう。

サポート体制の充実さも大切

インプラント治療をはじめ、歯の治療というものは今後のケアが大切になってきます。アフターケアやメンテナンスを定期的に行ってくれる歯医者でないと、万が一のトラブルにも対応してくれないです。サポート体制が充実しているかどうかも歯医者選びでチェックしておくといいでしょう。

インプラント治療の内容とメリットを知ろう!

インプラント治療って何?

インプラントとは、ネジのような外見をしたチタン製の人工歯根のことを言い、その器具を使った治療方法が「インプラント治療」になります。インプラント治療の歴史は、医療分野において比較的新しく感じますが、実は治療の根本となる取り組みは遥か昔より始まっています。現在のインプラント治療はスウェーデンの学者である著名人から研究の末に生み出されたものであり、チタンと人体の骨の結合によって歯の治療を行なうことを目的としています。

インプラントの構造

インプラントは人工歯根(フィクスチャー)と連結部分(アバットメント)、上から被せる人工歯(上部構造)の三つからなる治療器具です。治療の手順で言いますと、まず失った歯の部分にフィクスチャーを埋め込み、その後、人工歯根と人工歯を繋げるアバットメントを装着します。そして、最終的に人工歯を被せて、インプラント治療は完了します。骨とインプラントが結合するまでには、およそ3か月から半年程度かかると言われています。

インプラントのメリット

インプラント治療の最大の魅力は、差し歯やブリッジに比べて、天然歯に近い状態を保てるという点でしょう。差し歯やブリッジだと、固定源が強くないため、どうしても噛む力は弱くなってしまいます。その点、インプラントは骨に直接埋め込むため、強力な固定源を確保することが可能です。よって、インプラント治療を行なうことで、天然歯と変わらない噛み心地が実現できるのです。また、歯の配置を固定することで、発音も安定するようになります。生活において快適性を求める方なら、インプラント治療は非常にオススメでしょう。

飲酒はNG!

インプラント治療をはじめ、外科治療において、「飲酒」はNGとされています。その理由としては、アルコールによる血液循環の促進効果が高いという部分が大半を占めています。医師から飲酒をストップされなかった場合にも、お酒を飲むのは控えるようにするべきでしょう。

インプラント治療に関する口コミ

差し歯からインプラントへ

十数年、差し歯で暮らしてきましたが、友人の勧めもあって、インプラントに変えることにしました。インプラントに変えてみると、差し歯より噛み心地が良くて、毎日の食事も楽しいです。(男性 55歳)

費用の問題で迷ったけど

インプラントの費用が高いこともあり、治療に迷っていました。しかし、担当医の力強い言葉もあり、インプラント治療を受けることにしました。治療を受けてみると思いのほか、短期間で治療が終わり良かったです。(女性 48歳)

担当医が優秀だった

インプラント治療は医師によって良し悪しが違うということを聞いており、治療自体にとても不安がありました。しかし、担当医が優秀だったのか、理想なインプラント治療を受けられたと思います!(女性 50歳)

[PR]

広告募集中